就職氷河期世代に該当する年齢層の基本情報と支援プログラム徹底解説

就職氷河期とは?

就職氷河期世代とは?対象の年齢層は?
そんな疑問に答えます。

この記事では、
就職氷河期世代に当てはまる年齢層むけに、直面する問題点と支援について解説します。
筆者も就職氷河期世代に該当しており、この問題に直面しています。

今回は、以下のポイントについて解説します。

ポイント

1. 就職氷河期の定義とその年齢層
氷河期世代の特定年齢と、今なお直面する問題点を解説。

2. 支援プログラムの詳細
政府や民間から提供される支援策や教育プログラムを具体的に紹介。

3. キャリア形成の戦略
就職氷河期世代が競争社会を生き抜くための具体的な方法を解説。

以上を踏まえ、就職氷河期世代の問題点と向き合います。
そのうえで支援を活用し、
就職氷河期世代」でもできる、キャリア形成へ踏み出すための情報を紹介していきます。
この記事を読み、
新たな可能性につながる知識を手に入れましょう。

~スポンサーリンク~
目次

就職氷河期世代とは?語源から対象の年齢層まで解説!

就職氷河期世代の年齢層が苦悩する様子

1990年代後半から2000年代初頭にかけ日本では経済が停滞しました。
その際、企業の採用活動の抑制が深刻化し、多くの若者が就職難に直面してしまった。

そして、
この時期に成人した人々が就職難の状況に巻込まれ、希望する職に就く機会を逃してしまいます。
さらに、その影響が長期にわたりキャリアに影響を及ぼしました。

この状況に該当する世代を「就職氷河期世代」と呼ぶ。

就職氷河期とはいつのこと?年齢層の特定

1970年4月2日~1988年4月1日生まれが就職氷河期世代に該当します。

この年代の方々が新卒で就職活動を行った際に直面した、非常に厳しい就職環境のことである。

日本のバブル経済の崩壊後、
経済の長期的な停滞とともに、多くの企業は採用を大幅に減少させました。
その結果、若者が職を得ることが困難になりました。

2024年時点、36歳~54歳の方が該当

就職氷河期世代の年齢層が直面している問題点

就職氷河期の影響で正規雇用の機会を逃し、非正規雇用でキャリアをスタートせざるを得なかった。

これにより、その後の職歴にも影響が及んでしまいます。
その結果、正規雇用への移行が困難にり、長期的なキャリアの不安定さにつながっています。

また、
年金や社会保障の面でも不利な条件に置かれ、経済的な不安が拭えない状況です。
さらに、この世代はリストラの対象とされやすい年齢に差し掛かっています。

政府や公的機関からの報告によると、就職氷河期世代の非正規雇用者は約3分の1にのぼります。
これには、パートタイムや契約社員などが含まれる。

これらの事実から、
就職氷河期世代の現在の雇用形態や、経済状況について語る際の重要な根拠となる。

就職氷河期世代に該当する年齢層の特徴

ここまで問題点について紹介しました。
しかし、困難なスタートからキャリアを築いてきたことで非常に柔軟性があります。
言い換えると「逆境に強い」という面もあるのです!

また、生涯学習に積極的です。
職業スキルの再教育に参加し、労働市場に適応しようとする姿勢が多く見られます。
しかし、
このような努力にも関わらず多くの場合、十分に報われていないのが現状である。

就職氷河期世代に該当者の実例

契約社員として20年以上働いていました。
その間、正社員への希望は出したが、なれなかった。

男性は50代に入り、定年に向け不安が増す一方です、、、
そんな中、資格取得に挑戦し異業種へ転職を目指している。

このような背景から、就職氷河期世代に対する支援策の強化が求められています。
現在、政府や地方自治体が具体的な支援プログラムを展開し始めている。

これには職業訓練の提供や再就職支援が含まれ、新たなキャリアを築くための支援が進められている。
この取り組みが将来、より多くの氷河期世代に安定した雇用を得られることが期待されている。

~スポンサーリンク~

就職氷河期世代年齢層の政府や民間の支援プログラム

就職氷河期の年齢層に支援プログラムの説明をしている

現在、
中年層の社会人が直面している雇用の不安定さを解決に向かい動いています。
その一つに、政府や民間企業が中心に様々な支援プログラムを展開中です。

これらのプログラムは新しいスキルを習得し、より良い雇用機会を得ることを目的としています。

就職氷河期世代に該当する年齢層への支援活動

  • 安定就職に向けた支援
  • 就職実現に向けた基盤整備
  • 社会参加に向けたプログラム

ここからは、これらの支援について解説していきます。

就職氷河期世代の年齢層に向けて安定就職を支援

安定就職に向けた支援:

不安定な就労状態の就職氷河期世代に向け、「ハローワーク」が専門窓口を設置しています。

求職活動が有利に進められるように、無料で受講可能な職業訓練を紹介してくれます。
これによって、資格習得がしやすくなります。

また、求人サイトと紹介やマッチングなど支援も利用できます。

就職氷河期世代の年齢層に向けて基盤整備を行い就職実現

就職実現に向けた基盤整備:

こちらは、現在仕事をしていない方が対象になる支援です。

サポステ」では対象者を就職までの準備と職場定着までの支援を行ってくれます。
また、これらは継続的な支援としてサポートしてくれます。

サポステ:
地域若者サポートステーションの略
全国に177ヶ所あります

サポステ」のHPは こちら です

就職氷河期世代の年齢層が社会参加に向かう支援をする

社会参加に向けたプログラム:

こちらは居場所づくりをメインに支援を行ってくれます

  • ひきこもり地域支援センター
  • 自立相談支援機関
  • その他

ひきこもりや自立に不安のある人向けに支援する機関が連携し相談に乗ってくれます。
これにより、就職氷河期世代の年齢層の不安や悩みを相談することができます。

その他に、精神保健福祉センターなどで心のケアを目的とした相談ができます。

この支援は主に、精神的な問題など内面的なケアを目的とした支援です。

支援機関は こちら から確認ができます
(厚生労働省HPへのリンクです)

就職氷河期世代年齢層の社会問題と就職戦略

就職氷河期の年齢層の社会問題に頭を悩ませている

就職氷河期世代が直面する問題は、今日の労働市場においても続いています。
特に非正規雇用の多さと、低年収が大きな課題です。

しかし、
それらの問題には多くの支援団体や、政府のプログラムによって提供されています。
その結果、より良い雇用機会を得るための戦略もまた存在します。

社会問題:非正規雇用の割合と低い年収

前述したように就職氷河期世代の中で、非正規雇用に従事する人々の割合は非常に高いです。
これが多くの社会的な問題を引き起こしています。

統計によると、この世代の約3分の1以上が非正規雇用者であるとされています。
それに伴い、低い収入が生活の質を直接的に下げています。

その結果、
将来の年金など社会保障の受け取りにも影響を及ぼし、生活の不安を増大させています。

就職氷河期世代の年齢層が成功するためのポイントと支援活用

この問題を対処するための就職支援プログラムを先に紹介しました。
これらの支援をうけることで、新しいスキルを身につける手助けをしています。

また、
職業訓練など再就職支援を利用することで、より安定した職に就く道が開かれます。
これらのプログラムは、個々の能力や経験に応じたものになっています。
特に情報技術や、介護などの分野での求人が多く見られます。

就職氷河期世代の年齢層でも自信を持って求人に応募する方法

対象年齢層のハンデを克服し成功するためには、自信を持って求人に応募することが重要です。
そのためには自己のスキルと経験を理解し、それを生かせる職場を見つけることが必要です。

履歴書や職務経歴書の作成に際しては、これまでの経験を積極的にアピールしましょう。
具体的には、
どのようにその職場で貢献できるか、それを明確に示すことが求められます。

また面接の際には、「自分の価値を理解してもらう」ことが重要です。
そのためには、
過去の挑戦やそれに対する対応、学んだことを具体的に話します。
それが採用担当者に、「自分の価値を理解してもらうため」のポイントです。

これらの戦略とポイントを積極的に活用しましょう。
その結果、より良いキャリアを築くための、第一歩を踏み出すことが可能です。

今の社会は変化し続けています。
適切な支援と個人の努力が組み合わせることで、就職氷河期世代の成功の鍵となります。

▼40代で転職を成功させるには?▼

~スポンサーリンク~

まとめ

就職氷河期世代の年齢層をイメージした氷河期

今回の記事では、
就職氷河期世代の基本情報と直面する社会問題、支援プログラムについて解説しました。

以下のポイントを抑え、
今後のキャリア形成に役立てましょう

1. 就職氷河期世代とは1990年代後半から2000年代初頭です。

2. 非正規雇用の割合が高く、経済的な不安が大きいです。

3. 政府や民間の支援プログラムを積極的に利用しましょう。

この情報を活用し、より安定した職を求める一助となれば幸いです。

▼支援についての詳細はこちら▼

また、
個々のキャリアパスを見直すための【マイジョブカード】の作成も有効です。

▼マイジョブカードについてはこちら▼


▼まずは自己分析から始めよう▼

▼ブログランキング参加中▼

転職・キャリアランキング
転職・キャリアランキング 人気ブログランキングでフォロー
よかったらシェアしてね!

コメントはこちらまで

コメントする

CAPTCHA


目次